新着情報

新着情報 一覧

東日本大震災復興記念貨幣(2015/08/01)

 東日本大震災復興記念貨幣は平成27年度に4種類の金貨および銀貨が発行されます。第1次記念貨幣が出回ってきています。

 写真左は金貨表面で、金貨・銀貨ともこのシリーズの共通デザイン。中央は1次貨の金貨、右は1次貨の銀貨デザイン。金貨は直径26ミリ、重量は15.6グラム(1/2オンス)、銀貨は直径40ミリ、31.1グラム(1オンス)。1次貨の発行枚数は、金貨が14,000枚、銀貨が60,000枚。2次~4次貨は27年度中に順次発行されます。

 ご売却をご希望の方は、電話にて価格をご確認ください。


年内に新幹線開業50周年記念貨幣を発行(2014/04/29)

財務省は4月25日、「新幹線鉄道開業50周年記念貨幣」を発行することを発表した。平成26年10月1日に東海道新幹線が開業50周年を迎えることを記念するもの。

写真は額面1000円のカラー銀貨で、0系(ゼロ系)新幹線と富士山と桜をデザイン、裏面は0系新幹線の正面図案(虹色発色加工)を配したもの。純銀製で直径40mm、重量31.1g、発行枚数は5万枚。

額面を上回る8,300円で販売されるプレミアム貨幣、購入希望者は10月頃にハガキで独立行政法人造幣局に申し込む。申込方法、受付期間は今後発表される。当選者には年内に届く模様。

なお、記念100円貨幣も発行されるが、デザイン、発行枚数などの詳細はまだ決まっていない。


2014年銘 オーストラリア馬図コイン(2014/03/12)

 次項でご案内しています2013年の干支コインに続いて発行されている、2014年のオーストラリア干支コイン、馬図の金銀貨です。

 1オンスの金貨と銀貨は製造段階で発行限度数が完売するコインです。金貨の種類、額面、発行限度数等は、2013年と同様です。

 1オンスの金貨と銀貨は若干の在庫があります。価格はお問い合わせ下さい


オーストラリア、2013年干支金貨「ヘビ」(2012/08/15)



 オーストラリアで発行される2013年銘の干支コイン「蛇」、銀貨とともに金貨のデザインも発表されました。金貨の「蛇図」のデザインは左図の通りで、反対面はエリザベスⅡの肖像が配されています。

 金貨の種類は、写真左から1/20オンス、1/10オンス、1/4オンス、1/2オンス、1オンス、1キロ、10オンス、2オンスの8種類に、これに10キロ金貨を加えた9種類。

 人気のサイズは、1キロ(額面3000ドル、直径100mm)と1オンス(額面100ドル、直径39mm、限定3万枚)、国内での販売価格は1キロで450万円程度、1オンスで16万円程度に設定される模様。

 10キロ金貨(額面3万ドル、直径180mm)は受注生産で、発行限度数は100枚、価格は4400万円程度になりそうです。金相場の変動により、金貨の価格は変動する可能性があります。

※写真をクリックすると、拡大写真が見れます。


オーストラリア、2013年干支銀貨「ヘビ」(2012/08/15)



 オーストラリアで発行される2013年銘の干支コイン「蛇」のデザインが発表されました。銀貨の「蛇図」のデザインは右の通りで、反対面はエリザベスⅡの肖像が配されています。

 銀貨の種類は、写真左から1/2オンス、1オンス、2オンス、5オンス、1キロ、10オンスの6種類に、10キロ銀貨を加えた7種類。

 人気のサイズは、1キロ(額面30ドル、直径100mm)と1オンス(額面1ドル、直径45mm、限定30万枚)、国内での販売価格は1キロで10万円程度、1オンスで3000円から4000円程度に設定される模様。

10キロ銀貨(額面300ドル、直径220mm)は受注生産で、世界限定300枚。

※写真をクリックすると、拡大写真が見れます。

 


CCFへのご来場ありがとうございました(2012/07/23)

 7月22日(日)までの3日間、東京・品川のホテルで開催されたCCF(コイン・コレクション・フェアー)へのご来場、ありがとうございました。弊社HPをご覧いただき、ご来場されたという方もいらっしゃいました。また、商品をご提供下さいました取引業者の皆さまにも深く感謝いたします。

 なお、会場にて品切れとなっておりました平成天皇ご在位20年金貨・500円貨の2点セット、入荷しました。会場にてお問合せの方、このHPをご覧頂きましたら、早めにご連絡下さい。

 ▼写真は、即売会場と、オークション風景


9月下旬頃に「IMF・世銀総会開催記念」カラー記念千円銀貨発行(2012/07/01)

 財務省が6月29日発表したところによると、この秋に新しい千円カラー銀貨がお目見えする。「第67回国際通貨基金(IMF)・世界銀行グループ年次総会」が東京で開催されることを記念して発行されるもの。
 これまで発行された記念カラー銀貨と同様に重量は31.1g、直径40mm。これまでのカラー銀貨は純銀(品位1000)製であったが、この銀貨は銀が92.5%、銅が7.5%のものに変更される。財務省はこの変更について、「記念貨幣の表面には、貨幣表面が虹色に輝くように微細加工を行う “虹色発色” 技術を採用しています。なお、 “虹色発色” をより鮮明にするため、素材は銀合金としています」と説明している。
 注目の発行枚数は5万枚、本年9月下旬ころの発行を予定しているが、これまでと同じように購入希望者は事前に申し込みをする。申込方法及び受付期間等の販売要領については、今後、独立行政法人造幣局から発表される。販売価格は8,000円。デザインは、富士山と江戸の庶民を赤、青、黄色など描いている。裏面には世界地図を配している。


第60回・紙上読者交換会の一部画像を掲載しました(2012/06/24)

『日本貨幣新聞』第1124号掲載の第60回・紙上読者交換会の出品物のうち主要なものを既設のページ≪「紙上読者交換会」画像≫にアップしましたのでご参照下さい。この画像は次回(翌月)の画像に変更された時に消去されます。(※次回の画像は7月30日にご案内の予定です)

下の写真は・・・

 №5343 旧10円金貨 明治4年銘

 №5349 貿易銀 明治8年銘

 №5409 新国立5円札(鍛冶屋)信濃松代


7月20日~22日のCCF(コイン・コレクション・フェアー)に出店します(2012/06/22)

 7月20日(金)から22日(日)までの3日間、東京・品川で開催されるCCF(コイン・コレクション・フェアー)に出店します。CCFは趣味の貨幣専門の催事で、今年は13回目の開催となります。

 会場は、「ストリングスホテル東京インターコンチネンタル」26階の「ザ・コロッサス」、同ホテルは、JR品川駅港南口右横の「イーストワンタワー」内にあり、交通至便なロケーション、港南口から回廊で繋がっています。

 コイン専門業者21社が出店する即売会は、20日(金)が11:00~18:00、21日(土)が10:00~17:00、即売会のほかに、コインオークション(21・22日)、講演会(22日)など、多彩な行事が行われます。

 弊社ではCCF特別企画として、会期中・会場限定で「愛知万博カラー銀貨・単独セット」を造幣局の売り出し価格の6,000円で特別販売します是非、ご来場下さい。

※なお、CCFの詳しい情報は、主催者の書信館出版(株)の以下のホームページをご参照ください。

http://www.shushu.co.jp/


「東日本大震災復興事業記念貨幣」、平成27年度に4種類を発行(2012/06/14)


財務省は東日本大震災の復興応援国債を発行、これに関連して「東日本大震災復興事業記念貨幣」として、金貨とカラー銀貨を平成27年度に発行します。

 

復興応援国債に協力された人を対象に、一定の条件を満たした方に金貨および銀貨を贈呈するというもの。別に一般向けに販売するという情報もあります。記念金銀貨幣は1次~4次の各4種類発行されるとのことで、一般からそのデザインを公募しました。

 

第1次発行分は造幣局が作成したデザインで、金貨には「復興特別区域の地図とハト」、「奇跡の一本松(岩手県陸前高田市)とハト」が描かれたものが採用されます。第2~4次発行分のデザインは、公募作品の中から今後決定されます。

 

※写真は第1次発行分の金貨デザイン


記念金貨の買取 受付時間月~金10:00~16:00 TEL03-5818-1001 FAX03-5818-1002 銘柄をご指定の上、電話・FAXにてお問い合わせください。ご来社の場合は必ずお電話にてご予約ください。※時間外や土日祝日のご来社もご相談に応じます。※当日の価格は10時には確定します。
送品明細リスト表 商品を送付下さる場合、送品明細リスト表をご送付ください