記念金貨の買取り

金相場別・記念金貨の買取価格(目安価格)

金貨の写真 金貨の写真

詳しくはこちら

金貨の写真

詳しくはこちら

金貨の写真
<[3]ご在位10年金貨>

詳しくはこちら

金貨の写真
<[7]愛知万博金貨>

詳しくはこちら

金相場
税込買取価格
(円/g)
[*1]
[1]平成天皇
ご即位
10万円金貨
[2]皇太子殿下
ご成婚記念
5万円金貨
[3][4]平成天皇
ご在位10年・20年
1万円金貨
[5]長野冬季五輪記念金貨
[6]FIFA
ワールドカップ
[7]愛知万博1万円金貨
平成2年銘 平成5年銘 平成11・21年銘 平成9・10・14・16年銘

¥4,800

¥130,300

¥76,900

¥85,400

¥66,400

¥4,850

¥131,700

¥77,700

¥86,300

¥67,100

¥4,900

¥133,000

¥78,500

¥87,200

¥67,800

¥4,950

¥134,400

¥79,300

¥88,100

¥68,500

¥5,000

¥135,800

¥80,100

¥89,000

¥69,200

¥5,050

¥137,100

¥80,900

¥89,900

¥69,900

¥5,100

¥138,500

¥81,700

¥90,800

¥70,600

¥5,150

¥139,800

¥82,500

¥91,700

¥71,300

¥5,200

¥141,200

¥83,300

¥92,600

¥72,000

¥5,001

¥135,800

¥80,100

¥89,000

¥69,200

※ 10月17日(火)の金の買取価格(税込・1g当たり)は前日比23円安の5,001

 

※ 10月17日(火)の記念金貨類の買取価格は上記表の最下段に赤字で記入しました。

 

※店舗ではありません。担当者が不在の場合もあります。

 

   ご来社の際は<ご来社予定日時>を事前に電話にてご予約下さい。

 

※土・日・祝日も前日までにご予約いただければ、なるべくご要望にお応えします。

 

※10月22日(日)は休業させていただきます。

 

[*1]上記表左端の金相場は大手貴金属地金業者(田中貴金属工業㈱など)が平日9:30に発表する税込買取価格です(相場変動で変更される可能性があります)。<土・日・祝日は、弊社が換算価格を設定・表示する場合があります> 

 

※表には金相場別の記念金貨買取目安価格を、1グラム50円刻みにて表示しています。

 

この目安価格表は、金貨の需給事情等でバランスが変更される可能性があります。

 
※記念金貨と5000円銀貨・500円白銅貨とセットになったものは、金貨以外の買取は額面価格になります。1000円銀貨(ワールドカップ・愛知万博)を含むセット物は、金貨+2000円となります。金貨の外装の状態、ケース付きのものは外箱の有無などで、価格に若干の変動がある場合があります、※金貨を保存するための①密封状態のものを開封したもの、②プラスチックケースから出されたもの、③その他本来の形状を有しないものは2000円引きとさせていただいています。

 


■枚数がまとまる(ご売却金額が100万円以上の)場合、またコイン業者様 ・貴金属買取業者様には提示価格を高めにさせていただいております。詳しくは電話にて、お気軽にご相談下さい。

 


「昭和天皇ご在位60年・10万円金貨(昭和61・62年銘)」の買取は行なっていません。

 

(※10万円以上で買取できないため)

 

 

 

   貨幣類全般の売買につきましてはご相談ください 

 

 また、1970年(昭和45年)以降に発行された額面:100円・500円・5000円・1万円(昭和61年銘)の記念貨幣はほとんどが額面以上での買取ができません。

 

※①1964年の東京五輪記念銀貨(1000円・100円)、②昭和32年~41年の鳳凰・稲100円銀貨、③2002年の「FIFAワールドカップ」1000円銀貨、④2003年の「第5回アジア冬季競技大会」以降の1000円カラー銀貨・・・は買取可能です。詳しくはお問い合わせ下さい。その他、大判・小判などをはじめ、明治以降の貨幣・紙幣類の買取・仲介も行なっています。併せてご相談下さい。 

 

※新幹線50年記念千円銀貨、東日本大震災復興事業記念1万円金貨・千円銀貨、

  東京2020オリ・パラ記念千円銀貨、余剰品がありましたらお譲り下さい。

  価格は変動しますので電話にてお問い合わせ下さい。

 

 

●記念金貨等をご売却される場合は次のようにお願いします

  

[A] ご持参の場合  

 

①商品をご持参下さる場合は、事前にご来社予定の日時をご予約ください。※営業時間は平日10時から17時ですが、時間外や土日祝日などをご希望の場合は出来る限り対応いたします。ご相談下さい。

 

 店舗ではありません。担当者不在の場合もありますので、必ず事前のご連絡をお願いします。

 

 電話は03-5818-1001 または携帯080-8718-4824(担当/サカモト)

 

  ※電話でのご連絡は非通知解除にてお願いします。(※時間外など、こちらから連絡させていただく場合があります)

 

  

②併せてご売却の商品の種類、数量をお知らせ下さい。表示価格にて現金買取させていただきます。手数料等はございませんが、領収書に必要な印紙代(税込で54,000円以上108万円未満の場合は200円等)をご負担下さい。

  

 

③弊社へのアクセスに関しましては≪会社案内≫の案内図をご参照下さい。

 

※JR御徒町駅・北口改札を出て右へ。春日通りを厩橋(うまやばし)方面へ進み、高速道路のある昭和通りを直進、次の信号(コンビニのサンクス)を左折、約60m先の一つ目の信号(コーヒーショップあり)の先3軒目、「エクミス」の看板のあるビル(第一日笠ビル)、3階のいちばん奥、303号室です。JR御徒町駅・北口より、歩く距離400メートル程です。※グーグルマップ上の拡大地図で、(株)ゴールドステーションを確認いただけます。

 

[B] ご送品の場合

 

①遠方の方は、書留郵便・宅配便等でご送付下さい。

 

  ≪送品明細リスト表≫を印刷し振込先等の必要事項をご記入の上、商品に同封して下さい。

 

   (送品前にリスト表をファックスしてください。Fax.03-5818-1002)

 

【送付先】〒110-0015 東京都台東区東上野1-20-4-303 ㈱ゴールドステーション(※住所は「台東区上野」です。「台東区上野」と記入される誤りがございますのでご注意下さい。)

 

※多くの業者が「無料宅配キット」という梱包資材を提供しておりますが、弊社では取り扱っておりません。

 

 

②商品が到着しましたらご連絡します。連絡可能な電話番号をご記入下さい。 

  

 

③代金はご指定の金融機関(銀行・郵便局等)にお振込み致します。午前中の到着分は当日中に、午後の到着分は翌営業日となります。(※振込手数料は差し引かせて頂きます)

 

※買取価格は原則として商品到着日の価格となります。

 

※商品をご送付下さる前にお電話下さい。※非通知解除にてお願いします。

 

  Tel.03-5818-1001 または 080-8718-4824(サカモト)

 

   詳細をご説明致します。 

 

  

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

●世界の金貨(その他コイン・紙幣など)も取り扱っています

 

 世界各国で発行された金貨類の買取も行なっています。南ア・クルーガーランド金貨、カナダ・メイプルリーフ金貨、中国・パンダ金貨、オーストラリア・カンガルー金貨・干支金貨、その他の世界の金貨につきましてもリーズナブルな価格をご提示致します。また、古銭類(大判、小判、近代貨幣・紙幣類・財務省放出金貨など)の売却のご相談も承っています。40年にわたる経験とネットワークで、皆さまのご要望にお応えいたします。お気軽にお問い合わせ下さい。 (弊社はコイン関係専門で、時計・宝石・ブランド商品・骨董品等は扱っておりません)

 

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 ●下のグラフは2012年1月以降の「平成天皇ご即位10万円金貨」の買取価格です。最近5~6ヶ月の内外金相場・為替相場など関連グラフも毎日更新して掲載しています。参考にしてください。 

 

【金相場メモ】 国内金相場、税込買取価格は5,000円付近の展開

 

≪NY≫金の国際相場は2011年8月下旬に1オンス1,890ドル台の史上最高値をつけた後は反落、米国の金融緩和縮小観測から2013年6月下旬には2010年9月以来2年9カ月ぶりの安値に沈みました。7月以降は、米国の金融政策に係わる思惑に一喜一憂、エジプトやシリア情勢の緊迫も材料視。101日には17年ぶりに米政府機関が一部閉鎖されたことから急落、1300ドル割れとなりました。米財政協議の合意、量的緩和の縮小が見送られるとの観測から10月下旬にかけ1350ドル前後を回復しましたが、ドル相場の堅調を嫌気して12月には1200ドルに接近。その後反発しましたが、米連邦公開市場委員会(FOMC)20141月からの量的緩和縮小が決定されたことを嫌気した売りで12月中旬には1200ドルを割り、半年ぶりの安値圏に沈みました。 

 2014年はウクライナ情勢の緊迫化などを材料に3月にかけ上昇、一時1370ドル台に達しました。その後は、6~7月にかけ安値から反発する場面もありましたが、総じて軟調な展開。後半は1200ドル中心の動きで、米国景気の回復基調・ドル高から11月には1140ドル台へ続落しました。安値圏では反発場面も見られるものの、ドル高・原油安の環境下1184ドルで越年しました。

2015年は1月に1300ドルを回復する高値を付けたものの、右肩下がりの展開で12月には1050ドル台と200910月以来の安値を記録、1060ドル付近の年内安値で終わりました。「安全資産としての金」が再注目され1月に4ヶ月ぶりに1300ドルを回復。しかし上昇の反動や米国景気好調が伝えられる中で利上げ観測再燃などから下落、3月には1160ドル台に急落。その後は6月まで1200ドル前後で揉み合いが続きました。7月にはギリシャ債務問題の一段落などから1100ドルを割る場面も。10月には米経済指標の内容悪化などを受けて1180ドル前後まで上伸しました。しかし米国の年内利上げ観測・ドル相場高が尾を引く中12月には1040ドル台と2010年2月以来5年10ヶ月ぶりの安値を記録しました。

2016年は1月に1060ドル台で始まった後、3月上旬には1270ドル付近へ7月上旬には1370ドル前後まで上昇しました。サウジ・イランの国交断絶、中国経済の先行き不安、北朝鮮の一連の核実験、各種米国経済指標が弱い中でのドル安…などを強気材料視、また英国の国民投票で予想を覆してEU離脱派が勝利、世界的な株価急落の中で安全資産とされる金が買われたことも特筆されました。10月からは軟調、財務不安が高まっていたドイツ銀行への支援の意動きから欧州株が上昇、これに対して金には売りが入り下落。1250ドルまで下落のあと1300ドルを一時回復しました。注目の米大統領選はトランプ氏の勝利で為替・株式市場は混乱、ドル円相場は11月9日に101円台まで円高が進んだあと11日にかけて106円台まで円安ドル高が進行。トランプ次期米大統領が唱えるインフラ投資などの積極財政政策が米国のインフレ圧力を高めるとの思惑から米金利が上昇したとの情報。金は11月9日の高値で1,330ドル台を付けたものの11日にはドル高を嫌気して1220ドル台へ急落、その後はドル安進行で12月には1130ドル付近まで続落しました。

 

2017年の動き> 

 1月3日に小高く始まったあと、ドル安を受けてジリ高傾向で推移しました。中旬には1200ドルを回復するなど堅調な動き。その後は月末にかけて、ドル安や株高等から1200ドルを割り込む場面もありました。しかし1月末からはドル安で1200ドルを回復した後も堅調で、1月の高値を上回ってきています。2月23日には1250ドルを捉え3ヶ月ぶりの高値を記録しました。3月に入ると米国の再利上げ観測が強まる中、対ユーロでのドル高を受け7日には1220ドル台へ下落した。15日のFOMC(米連邦公開市場委員会)で追加利上げの決定が発表されたが、年内の利上げ回数が増えないとの観測からドル安となりました。ドル安が続く中でNY金相場は1200ドル付近から反発1250ドルを捉え4月4日には年初来の高値を更新、昨年11月10日以来5カ月ぶりの高値を記録しました。ロシアでの地下鉄爆破テロ、北朝鮮情勢などが買い材料となっているようです。ドル相場に連動し4月後半から5月上旬にかけては反落しましたが、その後は欧州各地でのテロなどもあり再び堅調な推移を見せました。ドル安の中で6月初めにかけて1300ドルに接近し年初来の高値を付けましたが、高値圏では売り圧力もあり反落しました。その後7月上旬に1209ドル台まで下落した後切り返し、ドル相場が軟調に推移する中8月末にかけて1300ドルを突破、北朝鮮の核実験なども材料視されました。9月初旬には1350ドルを捉えましたが、その後は米国の年内利上げ観測などから下げトレンドとなり10月に入って1270ドル水準まで下落しました。10月中旬には再び1300ドル台へ戻しました。

 

 ≪国内税込買取価格≫201211月下旬以降の急激な円安を映し、2013年4月の国内金価格は一時1980年3月以来 33年ぶりの高値に達しました。その後は、円安進行のストップと海外金相場の断続的な下落を映して6月末には買取価格が4,000を割り込む安値圏に急落しました。7月下旬にかけては4,400円台への反発したものの、8月は再度4,200円割れ。その後は海外相場の堅調を映して反発。9月は総じて軟調、10月後半は海外金相場の回復を映し反発、それ以降はほぼ4,200円~4,400円の動きが長期化、年末にかけ4,200円割れの場面もありました。

  2014年は、海外相場の堅調から3月には一時4,700円台を記録、9月以降の円安再燃で12月には一時5000円の大台を回復、海外相場の軟調を円安が上回った展開が見られました。

  2015年はNY相場の急伸を映して1月下旬に5,298 円と税込買取価格では1980年以来35年ぶりの高値を付けました。その後は反落して4,800円に接近、6月にかけて円安などで5,000円を回復する場面もありました。しかしその後は断続的に下落、年末には4,400円すれすれまで下落しました。

 2016年は17ヵ月ぶりの安値である4,400円すれすれまで下落して始まったものの、海外相場の上伸を映して3月11日の税込買取価格が4,941円と8ヶ月ぶりの高値を記録しました。海外相場の下落を受けて6月には4,540円台へ。7月には4,850円台まで反発する場面もありましたが、その後は円高傾向の中で再び軟調な展開となり、8月下旬には4,580円台へ続落しました。9月には4,700円を回復する場面もありましたが104日の海外金相場の急落を受けて5日には100円の大幅な下落を記録し4,500円がらみの展開となりました。10月末にかけて海外相場が円安にもかかわらずシッカリに推移したことを材料に反発し4,600円を回復しました。11月には海外金相場の急反落に連れ安となる場面もありましたが年末にかけて概ね4,600円前後の水準で推移しました。

 

 2017年の動き> 海外相場の反発から前年末には計算値が上昇、税込買取価格は年初は4,700円に接近する動き。10日には4,700円台を回復、16日には昨年8月上旬以来5か月ぶりの高値となりました。1月後半は反落、4,700円前後での動きとなりました。海外金相場の堅調地合いを受けて国内価格も1月末からシッカリ、2月9日には年初来の高値を更新、昨年7月下旬以来7ヶ月ぶりの高値を記録しました。さらに2月13日には4,800円を超え、28日には4,850円と年初来の高値となる続伸となりました。3月2日には4,886円に上伸、昨年3月17日以来1年ぶりの高値を記録しました。翌3日は海外相場安を受け反落、15日にかけて約150円の反落となりました。米国の利上げ発表後ドル安となり海外相場が反発しましたが、国内相場は円高で相殺され比較的小動きに推移しました。3月後半以降は小ジッカリした展開、北朝鮮情勢などを映して金はドル高にも拘わらずシッカリに推移しています。5月上旬に反落したものの、5月中旬以降は円高に転換の中で海外相場の上伸を映しシッカリ、6月に入って再び反落する場面もありましたが、3月前半の高低値の間での上下動が続いていました。しかし、8月末には海外相場の1300ドル回復からボックス相場は上抜け、9月1日には5,002円と2015年6月29日以来2年2か月ぶりの高値を記録しました。9月4日には5,045円に続伸。その後も高値圏にありますが11日には4,981円と5,000円を割り込みました。9月は5,000円~5,050円主流の上下動が続きましたが、海外金相場の続落を映し10月に入って4,930円台に下落しました。その後10月中旬には再び5,000円台を回復するなど高値圏での展開を見せています。

 

平成天皇ご即位10万円金貨・買取価格の足取り・・・
記念金貨の買取 受付時間月~金10:00~16:00 TEL03-5818-1001 FAX03-5818-1002 銘柄をご指定の上、電話・FAXにてお問い合わせください。ご来社の場合は必ずお電話にてご予約ください。※時間外や土日祝日のご来社もご相談に応じます。※当日の価格は10時には確定します。
送品明細リスト表 商品を送付下さる場合、送品明細リスト表をご送付ください